ハスの実の穴

ハスに構えたハスの実の、穴からミョーと書き連ねてみたい チョコットぶらっく。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ルーツを辿って・・自分探しの墓参行脚、そして鎖の未来。

●遊びにきてくれて、ありがとうよ。→blogランキング。

昔の武蔵野に想いを馳せる秋・・

十月に入ったというのに

のっけからぐわーカンカン照りの異常気象。

なんと2日の日曜日に館林は33度をマーク。

その日、家人が親戚の結婚式へひとりお呼ばれだったので、

一卵性夫婦の片割れが、久しぶりに単独で、実家へ帰った。

家で待つのは、昔の恐いモノ・・『地震雷火事親父』を、

時代錯誤に地で行っていた父。

そびえ立つ山のように大きく感じていた父も

定年後すっかり丸くなり、

やや大柄な普通の初老のひとに見える。

何かに付けて、怒ってばかりいたのに、

今では、ハスの実が帰るのを心待ちにしていてくれているようだ。

 ●ちょこっと休憩。ぽちッとな。→blogランキング。

過保護な母は、相変わらず。

いえ、ふと見ると何ヶ月かでずいぶん老けたろうか。

やはり一回り二回り、小さくなっている。ぱつんぱつんの風船が萎んだよう。

そういえば、最近手紙の文字もめっきり小さくなった。


今日の目的は、墓参行脚にハマっている私の提案で

家から遠い場所にあり、なかなか行けない父方のご先祖へのお墓参り。

また例の、細木和子オススメの白菊を用意していった。

古い菩提寺にも何十年ぶりかにお参り。

心穏やかに無事終了。

3人で、天ぷらを分けながらお蕎麦を昼食にいただき、

近くにひとりで住む、叔母さんの家に挨拶する。

政治や芸能、父たちの幼なじみの話など

とりとめの無い話をだらだら。

結婚式以来会う叔母さんは、もう少しおばあさんぽくなっている。

帰り際、「また来てね!」と強く言ってくれたのが、何か、胸に響いた。



昼間の暑さと、朝から高速をとばしてきた疲れが一気に出てしまい

実家に帰ったそばから、和室で横にならせてもらう。

泊まらないから、少しだけ。

日が落ち始めるのと同時に吸い込まれるように寝入って・・

気が付いて、庭を見ると、

・・・しん・・・

秋の日の、釣瓶落とし。

東京とは違う、何もない、静かな深い漆黒の闇。

スズムシだけが羽をふるわせて一生懸命、鳴いていた。



母が東の台所で夕食の準備をしている。

蛇口から水が流れる。包丁のリズム。お鍋がことこと煮立つ。

結婚して家を出る前は、

全く気にも留めなかったような、この家の生活の音だ。

いつものように食卓には、

食べきれない程たくさんの、

和洋中を無視したお皿が、所狭しと並べられる。

ひとりひとり小分けにしないため、

遠くのお皿に手を伸ばすのが

家人の手前、

何か嫌で嫌で仕方なかったが今回は気楽なひとりということもあり

なんだか、懐かしさまでこみ上げる。

身体も栄養で、満たされた。



親戚の中でひとり違う道を志し、理解されず、人種の違いを常に感じて、

十代の頃から、孤独感を密かに抱き続けて来た・・。

・・・それでも、やっぱり、私にとって、父と母は、ひとりづずつしかいない・・。

趣味も性格もまるきり違うけど、

やっぱり私のルーツは、ここなのかな・・。

ご先祖があって、お祖父さん、お祖母さんがいて

両親がいて、そして、わたしがいる。



自分が何なのか、良く分からない。

ヴィジョンが見えない。ずーっと前に進めなかった。

今でもやっぱり、分からない。

しごとでも全力を出し切れていない。

きっと、・・分からなくてもいいんだろう。

今、やれることを一生懸命やるしかないね。

しごともプライベートも。

●毎日!くりっく!してクリないと泣いちゃうん→ランキング。

スポンサーサイト
  1. 2005/10/05(水) 22:55:26|
  2. 出会い・別れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<♪苦しくったって~悲しくったって~舞台の上では平気☆なの♪・・だけど、やっぱりナミダが出ちゃう。シロートなんだもん。 | ホーム | キモノビズで、キメキメ!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://machupichu.blog12.fc2.com/tb.php/40-cb66394e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。